54歳からの転機

アクセスカウンタ

zoom RSS 90歳の叔父…

<<   作成日時 : 2017/05/12 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

訳あって30年位音信不通だった叔父(父の兄)から、父に肺ガンとの連絡があったのが4月末。

今年90歳になる子供のいない老夫婦である。

心配になり、老舗の仕出し弁当と叔父からのリクエストのチョコレートを持参して自宅に伺う。

昨日から在宅酸素を使用し始めた叔父は、息苦しさはあったがお弁当を美味しいと言いながら食べていた。

夫婦2人の介護保険の申請を記入し、地域包括支援センターに相談したのが4月24日。次の週には認定調査

も行ったが、肺に水が溜まり5月6日に入院。その日のうちに肺からの水を抜く手術をされていた。

6日に主人の車で両親を連れ病院に行くと、苦しそうな叔父がベットで寝ていた。1日1リットルもの水が肺

から排出。そんな中、

     「この前のお弁当は本当に美味しかったね、また食べたいよ

     「うん、また買って来るから、叔母ちゃんの為にも元気出さないとね

と笑顔で手を握ったが、その時の叔父ちゃんの顔が忘れられない。


5月8日の夜に危篤との連絡があり、再度病院に行くが血圧も戻り呼吸も安定して一安心。

心労の為、病院にも来れない叔母ちゃんの為にも頑張って欲しい…と願うばかりの日々。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
90歳の叔父… 54歳からの転機/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる